Puppy Linux で音がでない ~ FMV-5233NP/W

軽量Linuxとして最近気に入ってるPuppy。
FMV-5233NP/Wに入れて使おうと思ったら、少々手こずったので覚書。

状況:FMV-5233NP/Wで音がでない(Puppy4.1.2)

解決法:ドライバに[sb8]を使えばOK

FMV-5233NP/Wのサウンドチップは「ESS ES1879」なんだけど、
ドライバに[es18xx]を選択すると、認識されるが音は出ず。
(何故かマイクの音は拾ってくれる)

色々調べた結果、Sound Blaster互換なのでドライバもそっちを使えば良いとの事。

手順は、(上記の[es18xx]をセットした状態から)

[システム] > [BootManager ブートアップの設定]
でパピーブートマネージャーを起動。
[新しいモジュールを追加するにはここをクリック]のボタンをクリック。
該当機のスペックだとカナリ待たされるけど、選択肢が出るまで待つ。

選択肢が出たら左側から[snd_sb8]を選択し[Add]で右に移動し[OK]。
パラメータは特に不要なので、そのまま[OK]。
パピーブートマネージャーを終了。

再起動。

[セットアップ] > [ALSAサウンドウィザード] でウィザードを起動して[OK]。
またカナリ待たされるけど、選択肢が出るまで待つ。

選択肢が出たら[legacy]を選択。
WARNINGが出るけど[Yes]で続行。
続いて利用するドライバが一覧されるので[sb8]のみを選択状態にして[OK]。
(スペースキーでオン・オフ)

[Yes]で続行し[Ok]。
ウィンドウが消えたら再起動して完了。
関連記事




【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
HG (3)
FG (2)
MG (9)
RG (8)
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
156位
アクセスランキングを見る>>
カウンター