Shadeで牛の立体視

年賀状用の牛をShadeでレンダリング用に加工。

そして、なんとなくスレテオグラムにしてみた。



交差法。(寄り目で見てね)

牛はナカナカ良い感じに立体的に見えるけど、草はマズかったかも…。
細かいのがいっぱい横に並ぶと目のピントが巧く合わなくてチカチカする。

立体視には適さなかったな。

ところで、この牛レンダリングするのにShadeGridのレンダリングサービスを
初めて使ってみたんだけどナカナカ速くて便利だね。

ステレオグラムだから左右分、2回レンダリングしたわけだけど、

左用画像をローカル+レンダリングサーバ*2、
(Sempron-2GHz、P4HT-2.4GHz、P4HT-2.8GHz)

右用画像をShadeGridのレンダリングサービス、

で、レンダリングして、だいたい同じくらいの時間でレンダリング完了。

こんなに便利なものだったとは…。

自前のサーバ使わないから電気代もかからないし、
処理速度がイマイチなノートで作業しててもカナリ快適だといえる。

もう今度からはドンドン使ってやろう。
関連記事




【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有

コメント

No title

お・・・!
ホルスタインがいるーーー もーーもーーー

今にもお乳がでそうなくらい リアルなウシさんですな(*゚Ω゚)/

さすが SIGEさーん☆お上手~ パチパチパチパチ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
HG (4)
FG (2)
MG (9)
RG (8)
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
345位
アクセスランキングを見る>>
カウンター